旅ブログ運営

旅ブログを読む前に気をつけたいこと

旅ブログを運営していると、「旅」にまつわる様々なことを記事にする。今後、同じ地域を旅する人の参考になればいいのだが、記事が古くなっていくにつれて事情が変わってしまう。

そう思い始めたのは、ウクライナやネパールを再訪問するようになってからだ。ウクライナは3回訪れた。ネパールには2回訪れた。いずれも再訪問するまでに1年ほど期間が空いている。

1年後に再訪問してみると、1年前に比べて物価が上がっているのはよくある。同じように円相場も若干変わっている。

ウクライナ

ウクライナ ・フリヴニャのレート。

  • 2018年5〜6月。1円=約4・10〜4・20フリヴニャ
  • 2019年8月。1円=⒋・5フリヴニャ
  • 2020年1月。1円=⒋・6〜4・7フリヴニャ

2018年5月に行った時は、メトロの料金は5フリヴニャだった。しかし、再訪問してみると8フリヴニャに値上がりしていた。

ウクライナにある人気カフェ「Aroma Cafe」も値上がりしていた。2018年はアイスラテのミディアム・サイズが26フリヴニャだったが、2019年に再訪問すると36フリヴニャに変わっていた。

キエフでは、ホテルやホステルに宿泊するとツーリストタックスを採用するようになっていた。

ネパール

ネパールは2018年10月のレートは1ルピー1円だった。2020年1月のレートは、1ルピー0・96円。物価は変わっていないものの、観光ビザの料金が10ドルほど値上げしていた。

スリランカ

スリランカを訪れた2018年の2月は、スリランカに入国するのに観光ビザが必要だった。しかし、2019年にスリランカのコロンボとネゴンボでテロ事件が起こってから、観光客が減ってしまったのか、一時的に観光ビザなしで入国できるようになっている。

おそらく観光ビザの取得を廃止して、少しでも観光客を呼び戻そうとしているのだろう。2019年8月1日から2020年1月31日までの期間中に渡航される人は、ETAビザの料金が免除される。

イギリス

イギリスに入国したのは、ロンドンの郊外にあるルートン国際空港からだった。ロンドン市内に移動する際、ルートン国際空港から最寄駅までバスで移動した。現在、ルートン国際空港から最寄駅まで繋ぐ工事が行われている。調べたところ、2020年の終わりには路線が開通する予定となっている。

治安は?

治安は戦争でも起こらない限り、急に治安が悪化することは考えにくい。治安は長い期間をかけて改善されていくか、悪化されていく。テロはいつどこで起こるかわからないので、私はなるべく人が多く集まる場所に用事がないと近づかないようにしている。

地域にもよるが、海外では人気の少ないところは危険だと言われている。ここ10年くらいは大小様々なテロ事件が毎年のように起こるので、人が多く集まるところも危険な場所になってしまった。

世界の状況は日々変化している

旅ブログのビザ申請、物価、治安、行き方などは、あくまでご参考程度に。2〜3年くらい前の情報だと、状況が変わっていることがる。旅を有意義にするなら最新情報を入手してください。

そして海外の旅情報について調べ物はするときは、1つではなく複数サのイトを参考にしたほうがいいです。複数のサイトを参考にすれば、より正確で客観的な情報を入手することができます。

おわりに

1つのサイトから情報を入手する場合、筆者が勘違いしていたり、間違っている可能性は否定できない。特に数日滞在しただけでは、その地域について書くのは難しい。日本語が通じる国内でも記事を書くのは難しいのに、海外の話になればなおさらである。

観光ビザに関しては、入国管理局の最新情報に目を通すこと。治安に関しては、外務省のサイトにその国の地域で起こった犯罪や、よくある犯罪の手口が簡易にまとめてあるので参考になる。

 

error: Content is protected !!