ウクライナ

ウクライナからポーランドへのタバコ持ち込み制限【陸路の場合】

  ウクライナのリヴィウからポーランドのクラクフまでの国際バスでのタバコの持ち込みは2箱。

  私は耳を疑った。わずか2箱までしかウクライナからポーランドまで持ち込めない。

  ウクライナは非常にタバコが安く、2018年5月のレートで「ストロング」という銘柄のタバコが1箱約80円で購入することができた。隣国ポーランドのタバコの値段は「PS」という銘柄で約400円。タバコの値段が高いイギリスやドイツに比べれば400円でも安いが、ウクライナに比べると非常に割高に感じる。

  ポーランドでタバコ1箱購入すると、ウクライナではタバコ5箱購入することができる。ポーランドで2箱購入すると、ウクライナでは1カートン買えてしまうほど差がある。

タバコの持ち込み制限を確認

  ウクライナからポーランドに行く前日、国際バスのチケットを購入するときに「ウクライナからポーランドまでタバコ何カートン持っていけますか?」とバスのチケット売り場で訪ねてみた。するとあまり英語が堪能ではない男は、「2」と短く英語で答えた。

  タバコを2カートンもポーランドに持ち込めるなら、十分かと思った。個人的には3カートンくらいタバコを持ち込み、ポーランドの次に行くドイツの分もストックしておきたかった。

  念のために「タバコの持ち込みは2カートンまでですよね?」と手で長方形のタバコのカートンの形を示し訪ねてみた。男は首を横に振った後に「2箱まで。」と短く答えた。「え?たったの2箱しかタバコ持ち出せないの?」と声を裏返し聞き返してしまった。

男は何か勘違いしていると思った。まさかタバコの持ち出しが2箱までなど聞いたことがない。私の旅してきた国では、少なくても1カートンは持ち込みして入国できたので、最低1カートンはタバコの持ち込みが許されると思っていた。ホステルに戻ったら、従業員に改めて聞いてみようと思いバスターミナルを後にした。

  ホステルに戻った後、従業員にウクライナからポーランドまでタバコどのくらい持ち出せるのか聞いてみた。すると従業員は「3箱までだ。」と答えた。バスのチケットカウンターの男は2箱と言い、ホステルでは3箱と言い、人によって持ち出せる数字は違うものの、たった2〜3箱しか持ち出せないようだ。

  私は「バスのチケットカウンターで2箱まで持っていけると言われたんだけど。」と従業員に伝えると、男はすぐに知り合いに電話をかけて確認してくれた。通話が終わると、「2箱までだってさ。」と短く答えた後にタバコの持ち込み制限について説明してくれた。

空路か陸路で持ち込み制限が変わる

  飛行機でウクライナからポーランドに入国する場合は、2カートンまで持ち込みできるようだ。しかし、バスでウクライナからポーランドに入国する場合は2箱までしか持ち込むことができないらしい。電車での持ち込み制限は聞いていないのでわからない。空路か陸路で入国するので持ち込み制限が変わるしくみらしい。

  タバコ2箱だと2日持たずに吸い終わってしまう。ウクライナでタバコを購入して、ポーランドでのタバコ代を節約しようと考えていたのに、そう上手くはいかなかった。

おわりに

  ウクライナのリヴィウからポーランドのクラクフまで約300キロ。飛行機で行くような距離ではない。仕方がなく25本入りのタバコを2箱買いポーランドに渋々向かうことになった。

追記 2018年の情報のため、現在は変わっているかもしれません。もしウクライナからポーランドにタバコを持ち込むなら、最新情報を確認してください。

 

 

 

error: Content is protected !!