ポーランド

グダンスクの第二次世界大戦博物館【ポーランド一人旅】

     ホステルの観光フライヤーを眺めていると、グダンスクに第二次世界大戦博物館があることを知った。第二次世界大戦博物館は、グダンスクの中心地から少し離れてた場所にあるものの、中心地から徒歩で20分かからずにいける距離にある。

     博物館が見えてくると、だだっ広い敷地内に斜めに傾いた建築が建っていた。建物の一番高い部分は40メートルもあるらしく、巨大な建築が空に突き刺さすように斜めに建っているのが不思議でならなかった。

     階段を下り博物館内へ入ると、正面にあるエレベーターに乗って地下に降りた。チケット売り場の前には即に30人ほどの長い列ができていた。ポーランドに来てシンドラーの工場跡、アウシュヴィッツ強制収容所、ユダヤ博物館と第二次世界大戦に関わる博物館に行くと、毎回どこも混み合っていた。第二次世界大戦博物館も混むことを予想してきたつもりだったが、10時30分前なのに多くの人が並んでいるとは思わなかった。

     入場料は23ズロチ(2018年7月)と、ポーランドの博物館ではよくある値段設定。博物館のホームページには、火曜日は入場無料と書かれている。

  当時使用されていたプロバガンダポスターが多数展示されていた。第二次世界大戦中に使用されていたプロパガンダポスターは他の博物館でも見てきたが、ポスターに書かれている文字が相変わらず読めない。ドイツ語がまったくわからないので、メッセージの内容は理解できなかった。

  写真を見たときは衝撃的だった。ポーランドの第二次世界大戦に対する思いが伝わるというか、目を背けたくなるような展示物にもかかわらず、こうして展示することで過去の出来事を伝えようとする姿勢が素晴らしいと思った。

ソビエト連邦 展示室

   他展示室

  ミサイル、銃、制服、飛行機や船の模型などが多数展示されていた。

ホロコースト展示室

  カフェ:レストラン

おわりに

  ざっくりと展示物を見ていただけでも、所要時間は3時間を少し超えていた。展示室の数が多くて、一室が広い。そして展示物の数が莫大なので、一点一点しっかりと見ていたら、4〜5時間はかかりそうな気がした。展示物の内容や歴史などを詳しく知りたいならオーディオガイドを借りることもできるが、オーディオガイドを聞きながら回っていたら、どのくらい時間がかかるのか想像できないほど館内は広い。

 

error: Content is protected !!