南アジア

ネパールの観光ビザ延長料金はアライバルビザよりも高額

ネパールでは、入国管理局(Nepal Immigration Office)で観光ビザを簡単に延長することができる。私は1ヶ月のアライバルビザで入国してから、観光ビザを2回延長した。

2019年7月〜アライバルビザの料金

  1. 15日30米ドル
  2. 30日50米ドル
  3. 90日125米ドル

入国管理局のアライバルビザ料金表

2019年の7月に観光ビザの料金が10米ドル値上がりしたので、しばらくは上がらないと思う。しかし、数年したら再び値上がりする可能性があるので、入国管理局のウエブサイトでビザの申請料金を確認するのが確実。

値上がり前の料金 アライバルビザ

  1. 15日25米ドル
  2. 30日40米ドル
  3. 90日100米ドル

入国管理局で観光ビザを延長する料金

  1. 15日45米ドル
  2. 30日90米ドル
  3. 90日270米ドル

移民局の観光ビザ延長料金

観光ビザを延長した場合は1日3ドルかかるので、できる限りアライバルビザの時に余裕を持った滞在日数でビザを申請するのが安上がり。ネパールに2ヶ月滞在する予定なら、アライバルビザを申請するときに3ヶ月の観光ビザを取得したほうが15ドル安くなる。

  1. アライバルビザ90日125米ドル
  2. アライバルビザ30日50米ドル
  3. 延長30日90米ドル
  4. アライバルビザ30日+延長30日=140米ドル

ネパールで観光ビザの期限切れ、カトマンズで1日不法滞在するとどうなる?

1日あたり5ドルの罰金を支払わないといけない。私はうっかり1日不法滞在してしまい、観光ビザの延長料金+5ドルを支払った。ネパール人いわく、「1日くらいなら不法滞在しても問題ない」と言っていた。

実際に入国管理局で観光ビザを延長するときに、不法滞在のことは何一つ質問されなかった。1日分の罰金5ドルを支払っただけで、不法滞在が原因でビザの延長ができないということはなかった。

不法滞在について調べてみると、3日くらいまでなら罰金支払うだけですむと書いてある。さすがに1週間ほど理由もなく不法滞在すると、次にネパールに入国するときや、観光ビザを延長するときに悪影響するかもしれない。

1日5米ドルの罰金を支払うのはもったいないので、観光ビザの期限がきれないように注意してください。とくに30日や90日の観光ビザを取得した場合、ビザの期限を忘れてしまう可能性がある。私がそうだった。

移民局で観光ビザを延長するときのコツ

移民局は10時から開館し、ビザの申請は10時30分から開始する。10時に移民局に行き、観光ビザ申請に必要な番号が書かれたレシートを取る。そしてコンピューターで観光ビザの延長に必要な事項を入力する。

パスポートをスキャンで読み込ませると、名前、パスポート番号、パスポートの期限など自動入力してくれる。あとは電話番号、メールアドレス、ネパールの住所(ホテル)、ホテル名、延長ビザの期間、ネパールに入国した日、などを入力。最後に写真を撮って終わり。5分もかからない。 わからない場合は、近くに係員がいるので、頼めば入力してくれる。年配の人は機械に弱い人が多いのか、必要事項を入力してもらっている人が多い。難しいと思ったら、遠慮せずに「わからない」と係員に伝えること。

私が観光ビザを申請するときのタイムライン

  1. 10時に移民局に到着
  2. 観光ビザの申請レシートを受け取る
  3. ビザ申請時間まで30分ほど空きがあるので、コンピューターで必要事項を入力。
  4. 10時半に申請開始(開館と同時にレシートを受け取ると1〜3番くらいで、待ち時間ほぼなし。ビザ申請が始まると、同時に申請できる)
  5. 申請が終わると、同建物内の銀行でビザ代の支払い
  6. 支払いが終わったら、パスポートを預ける。
  7. 申請番号が1〜3番以内だと、おおよそ20分くらいで新しく観光ビザが貼られたパスポートを返却してもらえる。一応、日にちに間違いがないか確認して終了。

おわりに

11時くらいに行くと次から次に申請者がやってくる。ビザ申請の窓口は2ヶ所しかないので、申請するのに時間がかかってしまう。私は1度だけ11時頃に行ったが、申請から受け取りまで1時間20分ほど待ったので、それ以来は開館時刻に行くようになった。

しかし、10時の開館時刻に行っても、ビザの申請が始まる30分ほど待たなければならない。それでも遅い時間に行くよりも、早く済ませることができるので、なるべく早い時間に行ったほうがいいです。

移民局の場所はタメルから徒歩で30分くらい。私の滞在しているタメル中心地のホテルから2.8キロ40分と表示されている。タクシーで行く場合は、運転手によるが700ルピーと空港に行くのと変わらない料金をふっかけてくる。ホテルのオーナーに相場を聞くと150〜300ルピーほどと言っていた。

Nepal Immigration Office。あるいはKathmandu Immigration Officeで検索すると、グールグマップが出てきます。maps.meでもDepartment of Immigrationで検索すると、カトマンズの移民局が出てきます。

error: Content is protected !!