ポーランド

アウシュヴィッツ強制収容所とヴェリチカ岩塩抗を1日で回る現地英語ツアー料金とスケジュール

  7月のハイシーズン真っ盛り中。アウシュビッツ強制収容所とヴェリチカ岩塩抗を1日ツアーで訪ねた。現地英語ツアーの料金は合計300ズロチ。2018年7月のレートで約9千円。ハイシーズンで人気があるとはいえ、結構な値段だった。

  アウシュビッツ強制収容所とヴェリチカ岩塩抗は、2日間に分けて行くこともできるが、ツアー会社の人いわく「2日に分けて行くなら、1日で両方行った方が時間の節約になるよ。」と言っていた。確かに2日間に分けて行くよりも、1日で2ヶ所回った方が効率がよく、余った時間はクラクフ観光にでも使えばいい。

アウシュヴィッツ強制収容所とヴェリチカ岩塩抗の料金について

  はじめにインターネットでツアー料金の相場を調べた。次に滞在していたホステルからもツアーに申し込むことができるので、値段だけ確認してみることにした。料金を訪ねてみると、2ヶ所回るツアーは330ズロチ。ネットで出ている料金よりも明らかに高かったので、ホステルから申し込みはしなかった。

  次にグーグルマップでクラクフのツアー会社を検索。滞在していたホステルがクラクフ中心地だったので、中心地にあるツアー会社を何件か回ることにした。

  ツアー会社に着くと看板に目立つようにアウシュビッツ強制収容所99ズロチ。ヴェリチカ岩塩抗130ズロチと料金が書かれていた。ホステルで聞いたツアー料金よりも安かったので、迷わず申し込みをすることにした。しかし、いざ申し込みをして料金を見積もってもらうと、看板に書かれていた料金よりも明らかに高かった。そのことについて尋ねてみると、看板に書かれている料金は、複数人で申し込みをした場合の料金だった。他の現地ツアーでもそうだが、1人でツアーに参加すると、団体客に比べて1人当たりの支払料金が高くつく。

  ネットで調べてみると、2人で申し込んだ場合、アウシュビッツ強制収容所のツアー料金は1人200ズロチ。3〜4人で申し込んだ場合、1人149ズロチ。7〜8人で申し込んだ場合、1人99ズロチ。9人以上の場合は「Please ask」になっており料金は書かれていない。申し込みをする人数が多くなればなるほど一人当たりの料金が安くなる。ツアーだから当然だろうが、1人で現地ツアーに参加すると高い。

アウシュビッツ強制収容所とヴェリチカ岩塩抗のスケジュール

  私の参加したツアーは、9時50分にツアー会社に集合だった。別料金を支払えば滞在先まで送迎してもらえるが、ツアー会社まで徒歩で10分かからない距離だったので、自分で行くことにした。

  参加者は私を含めて3人。多い時は15人ほど集まると言っていたが、この日は日曜日にもかかわらず少人数だった。アウシュビッツ収容所のツアーは12時からスタートして、所要時間約2時間半。アウシュヴィッツ第一強制収容所を見学した後は、アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウに移動。移動時間と小休憩を含めて15分ほど隙間時間があった。

  アウシュヴィッツ強制収容所を見学した後は、ヴェリチカ岩塩抗まで移動。現地に着いたのは夕方16時を過ぎていた。ヴェリチカ塩抗のツアーが始まるのが18時。それまでの空き時間は各自自由時間で、レストランで食事をしたり、お見上げ屋を覗いたりと集合時間までふらふらすることができた。ヴェリチカ岩塩抗のツアーの所要時間は2時間。

1日で2ヶ所を回るツアーの感想

  クラクフに戻ってきたのは20時を過ぎていた。ツアーに参加している時間は合計4時間半ほどだが、クラクフからアウシュヴィッツ強制収容所までの移動。アウシュビッツ強制収容所からヴェリチカ岩塩抗までの移動。そしてツアーが始るまでの待ち時間など、ツアーに参加しているよりも移動や待ち時間の方が長かった。

  9時50分から21時近くまで外に出っぱなしだったので、最後の方は疲労が溜まってきたせいか、ツアーガイドの話が右から左に流れていった。歩行距離は、万歩計アプリを新しくインストールしたためデーターが消えてしまい正確な数字は覚えてないが、13キロくらいは歩いた気がする。

おわりに

  待ち時間や移動など長時間ツアーなので終盤に疲れが溜まってくる。しかし、クラクフ観光の日程に余裕がなく、アウシュビッツ強制収容所とヴェリチカ岩塩抗の両方に行きたい人は1日で回る方が効率がいい。

 

【ポーランド一人旅】アウシュヴィッツ第一強制収容所を訪ねてホロコーストの歴史を学ぶ 

 

【ポーランド一人旅】アウシュヴィッツ第二強制収容所ビルケナウを訪ねてホロコーストの歴史を学ぶ

 

【ポーランド一人旅】世界遺産に最初に登録された12件のうちのひとつ ヴェリチカ岩塩抗

error: Content is protected !!