旅ブログ運営

旅ブログを運営していてネタ切れはしないのか?

2018年の4月から、旅の記録を残していこうと旅ブログを始めた。当初は「いつまで続けることができるのか?」と思いながら記事を更新していたが、気がつくと旅ブログを始めてから1年8ヶ月が過ぎていた。

現在、130記事ほど書いてきたが、まだまだ書きたいことは山ほどある。ブログリストには、20記事分くらいのアイデアがストックされているし、旅を続けているとアイデアが次々と蓄積されていく。

旅ブログのコンテンツ

旅先で経験したことは「なんでも」記事にできる。そんなモットーを意識してブログの運営を続けている。具体的に私のブログでは何を記事にしているのかまとめてみた。

旅行記

「Visual Diaries」のテーマになっている旅行記。ブログを始めた頃から、旅行記を中心に書いている。旅先での出来事を綴った経験を記事にするのは面白い。旅行記を書いていると、その時に体験した出来事が頭の中で再生され、再び旅をしているような体験をすることができるからだ。

いわば同じ場所を2度旅することができるのが旅行記を書く面白さ。旅行記は人の役に立つようなことは少ないだろうが、個人的に記事にするのが最も楽しい。

旅情報

2019年から旅の情報も扱うようになった。しかし、旅の情報は数年経つと古くなってしまうのが難点である。何度も同じ国に訪問するなら最新情報を更新することができる。しかし、1度きりの訪問だと事情が変わっている可能性があるので、旅情報を扱うのは難しい。

旅を続けていると、観光ガイド本が2年に一度くらいのペーズで新装版になる理由がよくわかった。アジアや欧州の首都に行くと、しょっちゅう工事が行われているのを目にする。新しいホテルやお店ができたり、道路工事が行われていたり、国の首都は忙しないほど日々アップデートしている。

もし1カ国に長く滞在するならば、変化していく街の情報を扱うのも誰かの役に立つだろう。

旅情報を検索する人は多いので、これからもできる限り旅の情報を記事にしていきたい。

旅ブログ運営

旅情報と同じように2019年から旅ブログの記事も扱うようになった。旅ブログ運営は読む人は少ないだろうが、時々ブログの運営について書きたくなってしまう。

旅ブログ運営の記事では、私がブログを続けて行く中で気づいたこと、大切にしていることなど、ブログにまつわることを記事にしている。

旅ブログを運営していてネタ切れはしないのか?

ブログのテーマを広げていけば、ネタ切れになることはないはず。たとえば私のブログでは扱っていないが、「旅と映画」「旅で使える英会話」「旅と音楽」「旅とアート」などある程度の嗜好があれば、いくらでも旅をテーマにした記事を書いていくことができるだろう。

おわりに

旅行記や旅情報を書く上で、ネタ切れに悩まされるよりも、記事を書く「時間」を確保するほうに悩まされる。それほどブログを更新していくのは時間がかかる。

旅先で経験したことは「なんでも」記事にできる。人が読んで面白い、面白くない、あるいは有意義、無意義でなないを抜きにすれば、ネタ切れせずにブログの運営を続けていけると考えている。

 

 

error: Content is protected !!