旅ブログ運営

旅ブログの運営は時間がかかる3つの理由

 旅ブログの運営を始めてから、113記事ほど更新した。旅ブログを始めた頃は、慣れてくれば記事を更新するのに時間はかからなくなると考えていた。しかし、1記事更新するのに相変わらず2時間ほどかかっている。暇な時間に旅ブログを更新するなら気にも止めないが、旅先の貴重な時間をさいて記事を更新するのは歯痒い思いがある。

旅ブログの運営は時間がかかる理由1:画像のアップデート

 文章を書いていくのは、そう時間はかからない。2000文字程度なら、1時間くらいあれば書き終えることができる。情報系を扱うブログなら文書のみで問題ないだろうが、旅ブログなのに写真が一枚も使用してないのは現実味にかけてしまう。

 記事で使用する写真を選び、画像のサイズを小さくする。場合によってはリタッチが必要だったり、私の場合は写真にスタンプ「©visualdiaries.net」を入れているので、さらに一手間かかる。

 記事は旅先で更新しているので、地域によってはwifiの速度が遅い。画像をブログにアップデートするのに時間がかかる時が何度もあった。ネットの速度が遅くて画像がアップデートできないと、次第に記事を書くモチベーションが下がっていき、更新するのが億劫になる。5Gが使えるようになれば、画像をアップデートする時間短縮が大幅に改善される。1日でも早く5Gを使えるようになりたい。

旅ブログの運営は時間がかかる理由2:調べ物

 私の旅ブログは旅行記が多いので、自分の体験を元にしているから記事を書く前に調べ物をすることはあまりない。それでも最低限の間違いや勘違いがないように、地名、人名、金額など確認することもある。

 日本国内のことならいくらでもネット上に情報があるが、海外のマイナーな場所だと情報源がぐっと下がり、調べ物をするのにも時間がかかってしまう。場合によっては、調べても調べても情報が出てこない時もある。その場合は日本語以外の言語で検索をするので、気がつくと1時間も調べ物に時間を費やしてしまう。

 記事を読むのはあっという間だが、記事を更新するのはその何倍もの手間と時間がかかる。

旅ブログの運営は時間がかかる理由3:ブログのカスタマイズ

 ワードプレスで旅ブログを運営していると、自分でブログをカスタマイズすることになる。ブログのデザインを変えたり、プラグインの更新をしたり、時には記事を更新する以上にカスタマイズするのに時間を費やしてしまう。しばらくブログにアクセスしないと、いつの間にかプラグインの更新が溜まっている時があった。

 現在は日本語のテーマを使用しているが、JINの前は海外のテーマを使用していた。海外のテーマを使用する場合、日本語ではカスタマイズ方法の記事がないか少ないので、英語サイトで調べるので手間がかかっていた。

 海外サイトのテーマを使用する場合、日本で同じテーマを使っている人は少ない。いや、テーマによってはほぼいないと言い切れる。しかし、ブログに何か不都合な自体が起こると、問題点を修復するのが面倒だった。

 旅ブログをカスタマイズ中に画面が真っ白になったり、エラーが出てきてブログが表示されなくなったり、例をあげるとキリがない。

 そしてワードプレスで旅ブログを運営すると、サーバー代とドメイン代を支払うことになる。取得するドメイン名(com, jp, net, org, info,)によって金額が違うし、サーバーの性能によっても値段が違う。有料テーマを使用する場合は、テーマを購入しなければならない。記事を書くことだけに集中したいなら、無料ブログサービスで始めるのも悪くない。

どうすれば手間をかけずに記事を更新できる?

 旅ブログという性質上、写真を多く使用するので、どうしても1記事更新するのに時間がかかってしまう。1記事辺りの文字数を減らす。あるいは使用する写真の枚数を減らすことで、時間をかけずに記事を仕上げることは可能である。

 文字数が少ないと記事の内容が薄くなってしまうが、それでも何も書かないで放置するよりはましだろう。

旅ブログは手間がかかっても残しておきたい旅の記録

 個人的な好みによるが、旅ブログは文章よりも多くの写真を使いたいと考えている。文章を読んでいるよりも、初めて見る異国の情景なら写真の方が伝わりやすいからだ。1記事辺り6〜10枚くらい載せるだけでも、記事の見た目がぐっとよくなる。

 何かと手間がかかる旅ブログ。それでも時間をかけて記事を書くのは人の役に立つよりも、自分が旅を振り返ったときに旅の道中で「何を見て、何を考えてたか」を振り返ることができるようにだ。

 残念ながら、人間の記憶力というのはあてにならない。私は旅を始めた当初から、ノートに日記を書いている。もし旅の出来事や考えたことを記録してなかったら、初動の感動がどんなに私の人生に影響を与えたのか振り返ることができない。たとえ時間がかかっても、コツコツと地味に日記を書いて良かったと思っている。

おわりに

 旅で体験した出来事は後に書くことはできるが、その時に「何を考えたのか、何に感動したのか」感情的なことはその時にしか書けない。

 旅が長期化していくと、様々な出会いや経験をしていくことになる。可能な限り旅の記録を残し、次の旅へと繋いくのが旅ブログの楽しさだろう。

 旅ブログの運営は手間がかかるが、手間がかかっているぶん愛着も強くなっていく。

 

error: Content is protected !!